· 

明治R-1ドリンクタイプ 市販と宅配専用のみ比べ


今、明治といえばなんといってもR-1です。

霊長類最強女子とも言われ国民栄誉賞を授与された吉田沙保里選手のCMでお馴染みですね。

強さひきだす乳酸菌のキャッチコピーにぴったりのお方です。

吉田選手がR-1を飲んで強くなったかどうかは定かではありませんが、仕事や家事育児など休めない方のための強い味方です。

私ももちろんそう簡単に仕事は休めないのでR-1をとても頼りにしていますし、実際に効果を実感しております。

さて、明治の製造しているR-1はメーカーの代表製品ともあって様々な種類が発売されていますが、当店では主に宅配専用のR-1ビンドリンクタイプとそして去年発売されたばかりの宅配専用R-1食べるタイプを取り扱っております。

今日はその中でもドリンクタイプにスポットを当てたいと思います。

R-1といえば市販の小さいペットボトルが印象的で世間一般でも有名ですね。

そのR-1のヒットを受けて発売されたのが宅配用のビン商品です。

宅配用は単に市販品をビンに詰め替えたわけではありません。

R-1乳酸菌のチカラはそのままに宅配専用に味が調整されています。

ではどのような味の違いがあるのか味わって飲んでみましょう。

 

この味くらべは私個人の主観なのでそこのところはご了承ください。

 

わかりやすいように★で表現してみます。

星は4段階評価とし★一つで弱い、★★★★4つで強いを表します。

 

 

R-1ドリンクタイプ市販品

甘味 ★★★★

酸味 ★

風味 ★

粘度 ★

 

R-1ドリンクタイプ宅配専用

甘味 ★★★

酸味 ★★

風味 ★★

粘度 ★★

宅配用と市販品2本を用意して交互に飲み比べてみました。

 

甘味

2つの一番の違いがここだと思います。

市販品の方には甘味料としてステビアが入っています。

ステビアは南米原産の植物から抽出される甘味料で、ショ糖の300倍の甘味度を持つといわれています。

このステビアの効果なのかとても甘く感じます。

舌に残る甘さで、宅配用と比べると鋭い甘さに感じます。

一方宅配用は、もっと自然なヨーグルトの甘さで後味もすっきりです。

簡単に言うと、インパクトのある市販品と自然な宅配用と表現できます。

市販品は甘いのですが、同容量当たりのカロリーは誤差レベルです。

栄養成分表示から計算した値だと若干市販品の方が低いくらいです。

 

酸味

甘さが若干控えめな分宅配用の方が酸味を若干強く感じますが、2つともそれほど酸味が強いヨーグルトではないです。

 

風味

宅配用の方が味が控えめな分ヨーグルト特有の風味は感じます。

それでもブルガリアヨーグルトと比べると強くはないです。

 

粘度

宅配用の方が若干とろみがあります。市販品はサラサラに感じました。

 

まとめ

市販品は初めて飲むと結構甘味が強いのでインパクトがあり、甘いのが好きな方には好まれるのではないかと思います。ヨーグルト独特の風味は弱くジュース感覚でおいしく飲めると感じました。

宅配用はのむヨーグルトとしての個性はあまり強くないです。毎日飲んでも飽きがきにくいような調整でこういう感じになったのでしょう。

個人的には毎日飲むヨーグルトとしてより健康にいい無糖タイプも用意してほしいなと思います。

 

当店では市販品も宅配で取り扱っております。

この2つを交互に飲むような本数配分もできますので、ぜひご用命ください。

 

明治R-1宅配専用商品はこちら