· 

明治R-1 食べるタイプ 市販と宅配専用の比較

冬も本格的に寒いこの季節、体調管理に気を使われている方も多いと思います。

ニュースでも、インフルエンザが警戒レベルに達しているとよく報じられているこの頃です。

そんな季節に活躍するのが、テレビコマーシャルでもおなじみの明治R-1です。

R-1も今では様々な種類が登場しています。

大きく分ければ、ドリンクタイプと食べるタイプです。

他にも低脂肪タイプや砂糖0、ブルーベリーやグレープフルーツなど

バリエーションも豊富です。

そこで、今日紹介するのは標準の市販食べるタイプと宅配専用食べるタイプです。

市販では手に入らない宅配専用のR-1が、市販品とどのように違うのかを

交互に食べ比べながらレポートしてみました。

 

※この食べ比べは個人の感想です。

明治R-1 食べるタイプ 市販品

甘味 ★★

酸味 ★★

風味 ★★

固さ ★★★

明治R-1 食べるタイプ 宅配専用

甘味 ★★★

酸味 ★

風味 ★★

固さ ★

星は4段階評価とし★一つで弱い、★★★★4つで強いを表します。

甘味

甘味は市販品より宅配専用の方が少しだけ甘いと感じました。

 

原材料はどちらも同じで、砂糖とステビアが入っています。

市販品の方がカロリーが若干高いですが、容量当たりのカロリーは宅配品の方が高いので

それが甘味の違いになっていそうです。

ただそれほどの差はなく、甘さに関しては程よく感じます。

 

酸味

酸味は市販品の方が若干強く、宅配専用の方がまろやかに感じます。

 

風味

風味はどちらもそれほど変わらないように感じました。

新しい状態では、癖のない普通のヨーグルトです。

ヨーグルトは未開封冷蔵保存でも時間がたつと風味が変化してくるので

癖のない風味が好みなら早めにお召し上がりください。

 

固さ

ここが市販品と宅配専用の最大の違いです。

宅配専用のパッケージにはこだわり食感と書いてある通り、市販品よりかなりまろやかで

やわらかい食感です。

スプーンですくうと、とろりと落ちてくる感じです。

市販品はそんなことはなく、形を保ったままです。

 

 

まとめ

今回市販品と宅配専用の食べるタイプを比較してみて感じたことは

市販品はスタンダードなタイプのヨーグルトで、宅配専用はまろやかタイプに仕上げてあるということです。

同じR-1でもここまで違うのは興味深いところです。

やはり宅配専用は市販品との差別化を図るために、入念に調整されているのだと感じました。

個人的には宅配専用の甘さをほんの少しだけ抑えて欲しいなと思いました。

 

 

以上、明治R-1食べるタイプの比較でした。

宅配に関してのご用命は当店までどうぞ。

ありがとうございました。

 

明治R-1宅配専用商品はこちら